寒い深夜

駅前の路上にアジア系の淫売婦のようなバケモノが携帯で話しながら、過ぎ行こうとする私に向かって来たので後ろに少し退いた。にもかかわらず更に私の方へ訳の分からない下品な言語を喋りながら近づいてきたので私は路上に面した牛丼屋に食いたくもないのに入ろうと振り返り、自動ドアのボタンを押した。自動ドアがあくまでの間、私が牛丼屋の方へ振り返る瞬間に淫売婦は諦めの微笑を浮かべていたことを反芻した。そして淫売婦は相変わらず訳の分からない言語で何かを喋っていた。そしてドアが開き、私は店に急いで、しかし慎重に入った。

店の向こうを見るとやはり深夜3時にこの店に入るのは初めてであった私は見知らぬ太った顔のくろい店員が手持ち無沙汰で調理場に居るのを認め、そして私は券売機の前で時計の長さで言えば7秒かそこらの時間の、私にとってはなかなかに長く感じられた間の記憶を「牛丼野菜セット」という券売機のボタンを見ながら整理していた。また、おそらく店の前の暖簾が頭の上に自動ドアが開くまでの間触れ続けていた為に頭に暖簾の感触があったのを、頭の感触か、あるいは顔か体のそれか確信が持てず不安になり、またこのようなまでに私を狼狽させ疲弊させたあの糞淫売婦に対しても怒りが湧いてでた。

私は「牛丼野菜セット」という文字を凝視するのをやめ、店の外へと飛び出した。注文もせず店を出た私に対し、ありがとうございました、というだらけた声が背中に付着した。

淫売婦はまだ携帯で誰かと話しているようであった。雑居ビルの方を向いていた。私はその横を、今度近づいてきたらぶち殺してやるという思いで大股で行き過ぎた。

タクシーのジジイは私の言った目的地がわからずに私が道を案内しながら進んでいた。声が高くかすれていて、しゃべりからは愚が感じられた。有名な駅の行き方も知らぬ大馬鹿者である。途中で私は腹が減ったと思い駅前で降ろしてもらうことを思いついたのだった。

あの糞爺がもし私の案内なしにスムーズに私を家まで運んでくれればこのような目には合わずに済んだのかもしれないと思うと糞爺には怒りは湧いてこなかったが、今日はあまりいい日ではなかったという気がしてきた。腹は減っていても家まで直進し、そのまま就寝していたはずの自分を想像すると、その自分が羨ましく、懐かしく思った。

私は振り返り振り返り歩いた。

淫売婦は牛丼屋前をウロウロしていた。私は女を数回睨んだ。

家に着くと、私は買ってきたミニトマト1パック全てとハーゲンダッツストロベリーを食べた。そして先から常に私の中にある不安の中、それから逃げるようにインターネットのニコ生を視聴し、コメントを沢山打った。

風呂から出ると外は明るみ始めていた。明日になれば毎日の不安は消えていることが多いが、今日の不安は多分明日になっても消えないだろうと思った。電機を消すとカーテンの間から藍色の空が覗いた。コーラを飲んだ後のような不快感が体全体を覆っていた。

冷たい布団を感じ、私は寝た。

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中