mixiの強迫性障害のトピックに投稿したひとりごと

[338]2013年01月25日 23:32

オレは何回も手を洗うとかはしない。そういう症状はない。寝る前に部屋のあらゆる所をだれもいないか何度も確認してしまうけれど、それは寝る前だけだ。
オレは自分に起きたあらゆることに対して実感が持てなくて、不安だ。
例えば人にぶつかったかどうかがわからない、いや、正確に言うと実感が持てない。だから不安になる。人の多い電車はだから辛い。

[339]2013年01月25日 23:36

だが精神科に行けば更に事態は悪くなるだろう。脳という複雑な機構に作用する薬を服用すれば、不可逆な声質を持つ脳という器官は今の状況とは異なったまた別の悪い状態に遷移するだけにすぎないだろう。そして2度と元には戻らない。

[340]2013年01月25日 23:42

精神科という場所は患者を治すことはできない。あそこはカラッポの人間を作り出すだけの場所だ。悪い場所だ。
そしてそこで働いている人にも罪の意識は無く、人を助けているという満足感をもって働いているだろう。彼らは何も考えずに医学部の教科書に書いてある事柄を受け入れて勉強してきた人たちだ。だから文句を彼らに言ってもだめだ。重要なのは彼ら一人一人が気づくことだ。ぶち殺してやる。

[341]2013年01月25日 23:53

今朝起きるとパジャマのボタンが全て外れているのに気がついた。寝相が悪くて外れることはない。これは外そうとして外さなければ外れない。寝ている間に誰かが俺のボタンを全部外した可能性もある。一人暮らしで家には他に誰も居ないはずだけれど。家の何処かに誰かがいるのかもしれない。自分で外した可能性も無いとは言い切れないが、誰かが私の寝ている間に私のパジャマのボタンを外した可能性も同様にないとは言い切れない。私は後者のほうの可能性に対して恐怖している。だから今日は一日憂鬱だった。なんだか昨日までの自分が懐かしく思えた。
ベランダから入ったのだろうか。しかしベランダは鍵がかかっている。玄関も鍵がかかっている。
よく政治家が自殺するというニュースがあるが、あの中の幾らかは暗殺されているらしい。暗殺するための私の知らない技術が、知られずに部屋の中に侵入する方法等があるのかもしれない。
ありえないことではない。私にとっては自分で外したという仮説は数多くある仮説の中の一つでしか無くて、それ以外の多くの可能性が真実であるかもしれない。
だけど私には確認するすべがない。今日は寝る前の部屋の確認にいつもより時間がかかって疲弊するだけだろう。
==============================
何故強迫性障害のトピックに投稿したか。強迫性障害に当てはまる症状がいくつかあったので。私は病院に行かないので自分が何病か医者の口からは聞くことはない。1度だけ精神科とはどのような場所かという好奇心で行ってみたけれど、そこでは統合失調性の強迫神経症と言われた。なんて狡い診断だ。診断に自信がないからってそんなに盛り込んでどうするのだ。浅はかだと思った。統合失調性と彼が言ったのは私が一般的に言えば妄想だと判断されるようなことを喋ったからだ。このエピソードを言ったらバカ医者は統合失調症って言うだろうなという予想がはなからあった。いやそもそも彼は悪くない。精神病の診断とはお話をしてそれだけで診断を下すという心許ないものだということがわかった。西洋医学のクセに何の科学的裏付けがない。数値とかパラメータの裏付けでやってきたのではなかったのか。ちなみに自分は統合失調症ではないと確信している。というかそもそも統合失調症という病気は精神科が創りだしたものだと思っている。こんなことを言ったらまた、妄想だ、とかいう輩がいるだろうと予想しながらこの文章を書いている。
広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中